ブログの悪魔

アクセスカウンタ

zoom RSS 地震と津波と原発とガソリンとパニックと

<<   作成日時 : 2011/03/16 21:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨日職場に顔を出した。ガソリンが足りないので、明日(つまり今日だ)出勤できるかどうかわからないと上司に伝えた。同僚は、すでに日曜日に何時間も並んで給油したという。上司は夕方並んで給油するつもりだと言った。

 出勤途中に、スタンドにはすでに長蛇の列ができていたのを見ていたし、パニックを助長するような行動は控えたかったので、さらさら給油するつもりなどなかったのだが、どうもそういう雰囲気ではないらしい。自分がひどくトロくて、無能な人間になったような気分になった。

 というわけで、帰りにスタンドに寄ろうとしたわけだが、数少ない営業中のスタンドには、すでに数キロにわたって長蛇の列ができていた。スタッフの若者に「停電の前に店を閉める予定なので給油は無理」と言われたのであきらめた。今日は休んだ。おかげでこんなものを書いているわけだ。

 ガソリンは素早く給油した同僚であるが、私が放射能の心配を話すと、「大丈夫でしょ」と鼻で笑われた。

 地震、津波、原発が吹っ飛んでも動じない日本人であるが、通勤ができないとなると、とたんにパニックになるのか。『冷静に』駅やスタンドで並んでいる?いやいや、この状況で、何時間かけても会社に行こうとか、給油しようとか、その時点でパニくっているとしか思えないのだが。それとも私が怠惰なだけなのか。唐突に、とあるオリンピック選手の言葉を思い出した。「○○でも金。○○でも金」。いや、あまり関係ないな。

 とは言え、もし福島でメルトダウンでも起きて、関東圏まで放射能が飛んできた時、ガソリンがなければ逃げることもできない。職場で取り残されるのは私だけかもしれない。

 それにしても、東京電力の会見はまったく理解できない。平時であれば、「大丈夫ですよ。事故は起こりませんよ」と言ってへらへらしておけばいいわけだが、このような非常時には、正確な情報を、少なくとも関係各機関には素早く伝達する必要がある(それを公開するかどうかは別として)。その切り替えがどうも出来ていないという印象を受ける。そもそも切り替えるという発想があったのかどうか。

 日本人と云うのは、平時は実に真面目に、マニュアル通りに業務を完遂できるが、想定外の事態には、とたんに対応不能になるらしい。政府も、阪神大震災の前例があったので、地震、津波への対応はできていても、原発への対応で躓いているようだ。

 さて、今後どうなるのでしょう。

 犠牲者の冥福を祈る。

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本を滅ぼす原発大災害―完全シミュレーション の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
地震と津波と原発とガソリンとパニックと ブログの悪魔/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる